BRIDAL FAIR BRIDAL FAIRブライダルフェア 1

BLOGスタッフブログ

【純潔、あなた色に染まります】一着のウエディングドレスに込められた想い

【純潔、あなた色に染まります】一着のウエディングドレスに込められた想い

  • ウエディングドレス・和装・貸衣装

00388

 

「ウエディングドレスを着たくありません」

と昨日、花嫁様に言われました。

 

 

 

 

 

 

 

新潟県長岡市の結婚式場

長岡ベルナールの松田です。

 

 

 

 

 

 

 

最近の結婚式の傾向として、

全てにおいて【多様化】しているように思えます。

例えば、

猫の肉球を結婚証明書に押す。

挙式後に新郎と父親がキャッチボールをする。

半ズボンをはかれる新郎様。

などなど…。

10年前の結婚式に比べて形式がなくなってきている為、

決まりがなくなりつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

そんな中でウエディングドレスを着ないという花嫁様がいるのは

当然と言えば当然です。

ですが、

ウエディングドレスをなぜ花嫁様が着る事になったのかが分かると

考えが変わるかもしれません。とても素敵な意味があるのです!

 

 

 

 

 

 

 

花嫁衣裳の歴史を見ていくと、

花嫁様は元々サフランで染めた黄色い衣装と

ヴェールを身にまとっていたといわれております。

現在のような白いドレスでチャペルの

ヴァージンロードを歩くようになったのは

花嫁の処女性を重要視する

キリスト教が広まったからと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

また、一度しか袖を通さないウエディングドレスは

権力や財力の象徴でもあったようです。

これは日本にも言えることであり、

白無垢や打掛も当時の武家が権力や財力の象徴として

作ったものと言われています。

白色には「生まれ変わる」

という意味があり、

当時、女性は嫁いだら実家の人間ではなくなりました。

 

花車に花の丸

 

キリスト教式では、

花嫁様は肌を露出してはいけない為

ハイネック、長袖、ロングトーンの

ウエディングドレスを着ることが慣例となっています。

海外挙式や国内でも規律に厳しい教会で

挙式をするときは

このような宗教上の決まりごとも必要です。

 

 

 

 

 

 

 

このように、日本の欧米化とともに、

白い衣装を着ると言う共通点から

ウエディングドレスを着る方が増えていきました。

白色には「純潔、あなたの色に染まります」

という意味を持ちます。

白い衣裳を結婚式で着ることで

両親の立場としても、友人の立場としても

結婚式をすることで花嫁様との

今後の付き合い方が変っていくので

淋しい思いと憧れの想いが入り乱れて

最も花嫁様の姿が綺麗にみえるのではないでしょうか。

 

Leaf88 OW

 

 

ウエディングドレスを着る意味を知っていれば

花嫁様も、出席するゲストとしても

結婚式をより素敵に見ることができると思います。

 

 

 

 

 

 

そんなウエディングドレスの取り扱い点数が

新潟県内NO.1の【ビアンベール長岡】では

ウエディングドレスを無料で

試着体験できるイベントを開催しております。

 

【最新人気ドレス&タキシード】500着の衣裳を試着体験フェア

 

ドレスだけで500着以上ご用意していますので

ドレス選びおの幅が広がり試着が楽しくなります。

ドレスだけ着てみたいと言う方も大歓迎です!

皆さまのご来館を心よりお待ちしております!

 

 

Leaf250 OW

 

 

 

 


pagetop
BRIDAL FAIRブライダルフェア 1
BRIDAL FAIR BRIDAL FAIRブライダルフェア
tel.025-283-0101

新潟県新潟市の結婚式場
長岡ベルナール
新潟県長岡市千秋1丁目1000番地1

営業時間10:00〜20:00
(火曜定休・祝祭日を除く)

  • facebook
  • instagram

メールでのご予約・ご相談・お問い合わせ

ブライダルフェア 見学予約 資料請求・お問い合わせ 事前アンケート