スタッフブログ

【何色のバラをあげる?】愛する人にバラを渡す時に知っておきたい事

2016年2月22日

 

 

プロポーズで愛する女性に

バラの花束をプレゼントする男性って

ロマンチックですよね!

どうして「バラ」を渡すのでしょうか?

それは素敵な花言葉があるからです。

バラは色によっても花言葉が違うんですよ!

また渡す本数でも愛の大きさが変わります。

 

 

 

 

長岡市の結婚式場長岡ベルナール

ウエディングプランナーのブログです。

 

 

 

バラの花束をプロポーズで渡されて

嫌な思いをする女性はいないはず。

定番ではあるかもしれませんが

女性であれば一度は憧れた

シチュエーションですよね。

先日ある新郎新婦とのお話の中で

プロポーズは有名テーマパークのお城の前で

ライトアップの中バラの花束を

108本渡したと聞きました。

お話が素敵すぎて

お腹いっぱいになりました(笑)

「108本という数が大事なんですよ」

と話す新郎様。

実はその通りで、本数によって

愛の大きさが変わっていきます。

 

 

 

 

1本のバラ「一目ぼれ」

2本のバラ「この世界は2人だけ」

3本のバラ「告白、愛しています」

6本のバラ「あなたに夢中」

7本のバラ「密かな愛」

11本のバラ「最愛」

99本のバラ「永遠の愛、ずっと一緒にいよう」

108本のバラ「結婚してください」

999本のバラ「何度生まれ変わっても愛し続けます」

 

 

 

花言葉は本数によって変わります。

シチュエーションに合わせて

意味合いの本数を渡してはどうでしょうか?

 

BERNARD_1591_B_1001

 

それでは今度は色によって変る

バラの花言葉を紹介。

 

①赤いバラ

 

「愛情、情熱、あなたを愛します」

という意味を持つ赤いバラ。

バラといえば赤色を想像する方が多いはずです。

つぼみのバラは花言葉がかわり

「純潔、純粋な愛、あなたに尽くします」

という意味になります。

 

 

 

②ピンクのバラ

 

「おしとやか、上品、感謝、温かな心」

という意味を持つピンクのバラ。

柔らかい雰囲気なので、

女性から女性へ渡す方が多いです。

赤色が派手すぎるかなと思う方へは

落ち着いた色なのでぴったりかも。

 

 

 

③オレンジのバラ

 

「無邪気、絆、健やか、信頼」

の意味があるオレンジのバラ。

オレンジ色はピンクよりも明るい色なので

男性へのプレゼントに選ぶといいかも。

入院している方へバラを渡したいなら

元気が出るこの色がいいです。

 

 

 

④黄色のバラ

 

見たことありますか?

「友情、献身、嫉妬、恋のあきらめ」

を意味する黄色のバラ。

プロポーズで渡すのはタブーです。

また結婚式に使用するのも

よっぽど好きというわけでなければ

避けた方が良いかも、、、。

 

 

 

⑤白いバラ

 

「純潔、純情、心からの尊敬」

を表す白いバラ。

つぼみには

「恋をするには早すぎる」

という意味があります。

黄色のバラと一緒で

なかなかプレゼントするには

適さない色かもしれませんね。

 

 

 

⑥青のバラ

 

「夢かなう、神の祝福、奇跡」

という意味があります。

なんで奇跡かというと、

バラの花は青の色素を持たないので

古くから、学者の間では青いバラを

作る事が憧れでした。

それが2004年に開発が成功して

「夢がかなう」という意味が

付けたされるようになりました。

赤いバラに負けないくらい

ロマンチックですね!

 

9_9_BERNARD2193_B

 

 

いかがでしたでしょうか?

本数と色を考えて

愛する人に渡し、

プロポーズをする時に

意味合いなんかを話せば

よりロマンチックになるはず!!

それではまたのブログをお楽しみにー

 

 

会場フォトギャラリー ブライダルフェア

長岡市で結婚式場のお問い合わせは、長岡ベルナール
長岡市千秋1丁目1000番地1
0258-29-0101

コメントをどうぞ

その他の最新のブログ記事

会場フォトギャラリー ブライダルフェア

ページトップへ