スタッフブログ

【昔から変わらない挙式のカタチ】ひとつひとつのシーンに込められた素敵な意味とは?

2019年7月31日

 

大切なゲストに見守られる中、永久の愛を誓う挙式

 

結婚式の内容が多様化してきている中、

昔から変わらず伝統的な流れで執り行われてきた

「 教会式(チャペル式) 」の動作の意味をご紹介します☆

 

 

【ロマンチックな意味を知って、より感動的な結婚式を過ごしませんか?】

 

 

いつも長岡ベルナールのブログを

ご覧いただきましてありがとうございます!

新潟県長岡市の結婚式場

長岡ベルナールの諏佐です!

 

 

 

では実際の進行に添ってご紹介しますね(*^_^*)♡

 

 

 

 

 

バージンロードの意味

バージンロードは「人生」を表す道と言われており、

花嫁がお父さんと歩む一歩一歩は今まで過ごしてきた1年1年を意味しています。

扉が開いた瞬間は花嫁さまが産まれて、

時を経て愛する新郎さまと出会い、

新郎と未来へ向かって歩いていく・・・

それを意味するのがバージンロードです♡

 

 

花嫁さまは

愛する新郎さまのところへ、大切なご家族と歩きます。

 

「あんなことがあったね・・・」

「こんなこともあったな・・・」

一緒に歩かれる方との思い出を振り返りながら

その一歩一歩を噛みしめて歩くと

より感動的な時間を過ごしていただけます(*^^*)♡

 

 

 

 

 

ベールダウン

花嫁のベールをゲストに下ろしていただく、ベールダウンの儀式。

花嫁のベールには魔よけの役割があり、悪魔から身を守るという意味と、

「 最後の身支度 」という意味が込められています。

小さい頃、

お洋服を着せてもらったり、髪の毛を結んでもらったり、

たくさん身支度を整えてきてもらったかと思います。

 

そして家族の元から旅立つその日に、

ゲストの皆様に見守られる中ベールを下していただく・・・

 

「 お父さん、お母さんの子供に生まれてよかった 」

「 今まで大切に育ててくれてありがとう 」

 

そんな言葉を様々な思いを乗せて伝えることで、

一生忘れられないシーンになるはずです(*^^*)♡

 

 

 

 

 

ベールアップ

先ほどご紹介したベールダウンには魔よけの意味がありましたが、

新郎さまよりベールを上げることは

その魔よけ「壁」を取り払い、

二人の間にはもう何も隔てるものはない….ということを表します

「これからは僕があなたを守ります」という意味が込められています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから一緒に手を取り合って歩んでいく

大切な方との愛を誓う挙式

 

 

意味を知ってみていかがでしたでしょうか?

 

長岡ベルナールでは

実際の挙式会場の見学もしていただくことが出来ます♪

 

ぜひお越しいただいた際には

本日ご紹介した<意味>も合わせてご案内させて頂きます(^O^)

 

 

 

 

 

また、お盆期間中にベルナールでは

BIGイベントをご用意しております!

 

\(^o^)/それがこちらです!!!!\(^o^)/

↓↓↓

【豪華特典が必ず当たる!お盆スペシャルフェアを開催☆】8/10(土)~8/18(日)の間に式場見学をスタートしよう!!

 

 

暑い夏をベルナールで過ごしませんか??

 

皆さまのお越しをお待ちしております!!!

 

 

 

 

 

 

 

会場フォトギャラリー ブライダルフェア

長岡市で結婚式場のお問い合わせは、長岡ベルナール
長岡市千秋1丁目1000番地1
0258-29-0101

コメントをどうぞ

その他の最新のブログ記事

会場フォトギャラリー ブライダルフェア

ページトップへ